フェロモンムンムンの風俗体験談

かわいい系のままで勝負すればいいと思った風俗嬢

風俗に行って来たんですが、料金コストは60分で1万9000円というコストの風俗店です。受付にコールをして、嬢を指名して、プレイ時間などの希望を伝え、指定されたラブホテルへ行き、到着してまたコール。その後嬢が登場するといったスタイルのデリヘルです。ホームページの写真と比べると、若干盛ったな感が感じられた女の子でした。本人は子供扱いされたくないからといっていましたが、写真は高級感溢れる美人さんといった感じなのですが、実物は華奢で可愛らしい感じの現役女子大生といった感じでした。ぶっちゃけ利用している側としては、綺麗系が好きな人間とかわいい系が好きな人間は似て非なるものなので、そのままのキャラで勝負すればいいのにという感じです。あまり仕事に慣れていないのか、質問をしてこちらが答える→話の展開がなく沈黙→シーンという状態を繰り返していたんですが、シャワーからのエロサービスはなかなかのものでした。60分のプレイ時間が短く感じるほどに、これから開発したいと思わせる女の子でした。

風俗で自分の気質が判明した

60分で1万8000円というコストの風俗店に行って来ました。デリヘルとM性感が合わさったような風俗店です。今回で二度目。前回のプレイでは、S気質全開の女の子にこれでもかというくらいにアナル責めをされ、ビクンビクンして満足した経験があったため、期待のリピです。本来ならあの時の快感をと同じ嬢をリピートするところですが、そこはあまのじゃくな私。お店の総合力も図りたいと別の女性をチョイスしてみました。今回は以前から気になっていたプレイを思い切ってオーダーしてみます。それは聖水プレイというヤツです。ぶっちゃけスカトロ系のプレイには刺激を感じなかったんですが、絶対に自分はMじゃないと思い込んでいて前回の体験でM気質が強いことがわかったくらいです。聖水をぶっかけられて興奮をするようなら、これは完全にMを男なんだなと覚悟を決めるつもりでした。結果は、M男確定です。なんというかあの陵辱感はたまらなかったです。くせになりそうで怖い。